すぐ顔が赤くなる

メンタルが原因ではなかった

驚いてドキッとするとすぐに顔が赤くなるタイプでした。

 

動揺すると顔に血が集まってきてカァ〜と熱くなってくるんです。

 

今はだいぶ改善していますが。

 

そのときは精神面を鍛えればいいのではと考えて昔は深呼吸で神経を鎮める練習をしたり、赤面症の教材を買って試してみたんですが効果がありませんでした。

 

テンパっても赤くならない人がいる

今になって思うと「すぐに顔が赤くなる」のって心の問題じゃないんですよね。

 

動揺しない人なんていませんから。

 

仕事でやらかして大問題になってもみんなが顔を真っ赤にするわけではないんです。まあ私ならなりますけど。

 

例えばちょっと前のTBSドラマ「半沢直樹」。

 

下は最終回で主人公 堺雅人演じる半沢直樹が、銀行取締役の大和田暁(香川照之)に土下座をせまるシーンです。

 

ふたりとも感情が高ぶりまくっています。

 

特に香川さんは見下していた部下に屈服させられているのですからこれ以上の屈辱はありません。半泣きになってますから。

 

もし私がこのシーンを演じたら顔真っ赤です。

 

でも2人の顔色は変わっていない。

 

つまり、メンタルが原因ではないのです。

 

毛細血管の広がりが原因

知り合いの医師に教えてもらったのですが、1番の原因は顔の「毛細血管の広がり」です。

 

毛細血管が広がると赤血球が多くなり赤くなってしまいます。

 

 

わたしの場合はちょっとの刺激で血管が広がってしまうのでしょっちゅう顔が赤くなってしまうのです。

 

上の堺雅人は感情が高ぶっても血管が広がっていないから赤くなっていないのです。

 

赤み軽減に有効な化粧水がある

もし顔が赤くなるのを抑えたいなら「しろ彩」という化粧水を試してみてください。

 

しろ彩は赤ら顔を対象に開発された商品です。

 

しろ彩に配合してある美容成分「海洋性エキス」は広がった血管にアプローチします。

 

28日間しろ彩を被験者に試してもらった結果、86%の人の赤みが軽減しました。

 

 

ぜひ1ヶ月試してみてください。

 

肌に合わない時に返金してくれる全額返金保証もついているので安心です。

 

肌の赤み(赤ら顔)におすすめの化粧水ランキング

しろ彩

白漢しろ彩

しろ彩の特徴

  • 頬や鼻、アゴの赤みに悩んでいる人向けの化粧水
  • 赤みの原因である毛細血管の拡がりにアプローチ
  • フランス地中海の美容成分「海洋性エキス」が毛細血管へ効果を発揮
  • 86%の人が赤みを軽減(試用期間28日)
  • ananなど有名雑誌でも紹介

 

価 格

通常価格5,600円(+送料600円)※定期コースなら4,480円

評 価

備 考

定期コースは20%OFF、送料無料、30日間返金保証

 

しろ彩の総評

しろ彩は肌の赤み(赤ら顔)に悩んでいた人向けに開発された商品です。

 

長い間、赤みで悩んでいた人はぜひ試してください。

 

 

 

アヤナス

【インナードライ対策訴求】アヤナストライアルセット

アヤナスの特徴

  • アヤナスはポーラ・オルビスグループの集大成
  • 特許技術で外部刺激をブロックし肌をいたわる
  • 高浸透セラミドが肌を保湿・保水し肌を守る
  • ベストコスメ5冠受賞
  • 初回限定で10日間トライアルセットあり

 

価 格

1,480円※トライアルセット

評 価

備 考

トライアルセットは化粧水など3点セット。さらにプレゼントあり、送料手数料無料

 

アヤナスの総評

アヤナスはシワ・たるみ・ほうれい線・黄ぐすみなどのケアをしながら肌を優しく癒やすコスメです。

 

肌の悩みに総合的にアプローチするので一度は試すべき化粧品です。

 

 

ULU(ウルウ)

ウルウの特徴

  • 肌のバリア機能の低下をカバーし毛細血管の赤を薄める
  • バリア機能に効果的なセラミドをしっかり補給できる
  • 赤ら顔対策はこれ1本でOK
  • 赤ら顔に悩む人たちの間で人気急上昇中
  • 香料や界面活性剤を使わない完全無添加で敏感肌の人にも安心

 

価 格

通常価格4,500円

評 価

備 考

お試しコースは3,600円さらに送料無料、ミニプレゼントあり

 

ウルウの総評

ウルウは赤ら顔に悩む人のために作られたオールインワン美容ミルクです。

 

赤ら顔をファンデーションで隠しきれない、顔の赤さを他の人に指摘される人など赤みに困っている人はぜひ試してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ顔は赤くなるのか

 

人前で話したり、片思いの人に会ったりした時、顔が赤くなってしまい恥ずかしい・・・なんて経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか。

 

ではなぜ顔は赤くなるのでしょうか。

 

 

 

1、緊張や怒りで顔が赤くなる
緊張すると自律神経の交感神経が活発になるため心拍数が上がります。

 

心拍数が上がると呼吸も早まり、血管が拡張して顔が赤くなってしまうのです。

 

緊張して顔が赤くなることを気にしすぎるとそのことがストレスになり、更に悪循環になってしまうこともあるので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

 

大きく深呼吸したり、コップ1杯の水を飲んだりするとリラックス効果が感じられます。

 

 

 

また、怒った時にも顔は赤くなります。

 

自律神経が緊張や怒りの感情を察知して脳に指令を出すことで起こる現象なので、自分で顔が赤くなるのをコントロールすることはできません。

 

体が何らかの感情を感じ取り、それらを表現しようとして顔が赤くなってしまうのです。

 

 

 

2、顔が赤くなるのは心理的要因以外にも原因がある
緊張や怒りなどの心理的要因以外でも顔が赤くなることがあります。

 

それは40代後半から50代にかけて始まることの多い更年期障害が原因です。

 

女性ホルモンが減るため、暑くもないのに顔がほてって顔が赤くなってしまいます。

 

これはホットフラッシュとも呼ばれており、ホルモンバランスの乱れが原因なので、症状がひどい時は産婦人科への受診をおすすめします。

 

 

 

顔が赤くなる原因を知り、原因に合った対策を立てていきましょう!

 

顔が赤くなる時の対策は?

他の人よりも明らかに顔が赤くなりやすい方は一定数おられます。

 

顔が赤いとよく言われてしまうとき、どうすればそれを抑えられるでしょうか?対策法をいくつかご紹介しましょう。

 

 

 

■顔を冷やす

 

顔が赤くなる原因を知っていますか?それは顔へ一気に血液が流れているから。

 

血行がよくなると顔がほんのり赤くなりますよね。

 

それと原理は同じなんです。

 

 

 

これがいきすぎると顔が真っ赤になるのですが、これに対処するためには、逆に血の巡りを少し抑えればいいんですね。

 

血の巡りは一般的に温かいほど活発で、寒くなるにつれて悪くなります。

 

冬になると夏に比べて白い顔をしている方が多いのは、これが原因です。

 

 

 

顔が赤くなったときもこの原理を利用しましょう。

 

自宅なら氷を袋に詰め、タオル越しに顔に当てると、顔が冷やされます。

 

血管が縮んで血の巡りが悪くなり、顔の赤みも少し抑えられます。

 

 

 

外出先ならお手洗いで顔を洗ったり、タオルを濡らして顔に当てたりといった方法が有効です。

 

自宅で保冷剤を用意し、保冷バッグに入れて持ち歩くのもいいですね。

 

これら方法で顔を冷やすといいですよ。

 

 

 

■ストレスを溜めすぎない生活を

 

もう1つ、知っておきたい対策があります。

 

それは普段の生活習慣で、ストレスを溜めこまないこと。

 

他の人より明らかに顔が赤くなりやすい方は、自律神経のバランスが崩れている場合があります。

 

 

 

血流をコントロールしているのは体の中の自律神経です。

 

これは自分で意識しなくても自動で体の働きを調整してくれる神経なのですが、ストレス過剰で生活していると、バランスが崩れることがあります。

 

 

 

些細なきっかけで顔への血流が激しくなるのもこれが原因になっていることがありますから、できるだけストレスのない生活を普段から心がけることも大事です。


更新履歴